2010年11月20日

誕生日第二弾

遅い夏の休暇をいただいて、9日〜12日まで、大阪と新潟にでかけてきました。

休暇から帰って来て、あわてて自動車免許書の更新手続きに出かけたのが、16日の火曜日。
その日に夫がバースデーケーキを買いに行こうと言ってくれ、次男坊の全快祝いもかねて、その晩はささやかなパーティーとなりました。

テーブルには、ケーキと紅茶だけでしたが、思いっきりテーブルコーディイトには力を入れました。
ちょうど、その日から、我が家のクリスマスの飾り付けを始めていたので、テーブルには、昨年、12月25日に半額になっていたステキなクリスマス用のクロスをかけ、お誕生日祝いに戴いた、可愛いサンタとトナカイの飾り物をならべ、キャンドルに火をともしました。
もちろん、BGMはクリスマスキャロル。
お誕生日を2回祝ってもらい、クリスマスもひと足先に来たような、うれしい夜のひとときでした。

もう一つ、うれしい理由のひとつに、次男の回復がありました。
何と、私たちが遠方に出かけている間に、39.8度の発熱!
病名は、○泡症!学校は、10日間休みました。
母親としては、心配で心配で、飛んで帰りたい気分でした。

私たちが不在の間、夫の母が、車を走らせて、毎日来てくれて病院に連れて行き、看病にあたってくれました。子ども達は、いくら丼に、ぜんざい、かぼちゃ団子、かぼちゃスープと美味しいものをたくさん作ってもらったようです。
「お母さん、本当にありがとうございました!」
そして、看護師志望の長女が、1日2回、全身に薬をぬり(1回40分かかったとの事)、脇に氷を入れたり、面倒をみてくれました。
まさにこれこそ、まことの看護実習でした。
本当に、よくやってくれたものです。

多くの方々の祈りがあったことも感謝に絶えません。
「みなさん、そしていのちを与え、生かしてくださる父なる神さま、ありがとうございました。」



posted by 北のハイジ at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

誕生日♪

リビングで転寝をしてしまったので、こんな時間に更新です。
今日は、私の52回目の誕生日でした。というか、もう昨日のことですが〜。
これまで、支えてきてくださった方々に、心から感謝します。
祝福してくれる家族や友人が与えられていることも、心から感謝です。
52歳という年齢にふさわしく、成熟を目指したいと思っています。

☆神さま
私の名まえを呼んでくださり、ありがとうございます。
私を造ってくださったこと、心から感謝します。
私から離れずにいてくださること本当に感謝です。
あなたに造られた者として、あなたと同じ心を持つ者とさせてください☆
posted by 北のハイジ at 01:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

3時間のドライブ

すっかりのご無沙汰でした。

今週の月曜日、18日に、十勝清水まで行ってきました。

この夏に、1ヶ月間ともに過ごした、韓国の宣教師の先生を訪ねる旅でした。
K宣教師に出会った当初は、絶対にひとりで、3時間かけて清水町に行ってみる!
K宣教師に会うためなら、私にもできる!
と意気込んでいました。

ところが、この1ヶ月、自分の至らなさを突きつけられる出来事があり、重い心を抱えこみ、足がそちらのほうに向きませんでした。
おまけに、北海道は寒くなってきて、さらに遠出をしようという気分にはならず、先延ばしにしていました。

でも、夫がいっしょに行こうと言ってくれたので、念願が実現しました。
もっと早い時期に行きたいと思っていたのですが、不思議なことに、私たちが訪れたのは、K宣教師が清水町に赴任してちょうど一年と1日という日だったということです。

K宣教師は、前日の夜、私に電話したいなぁ〜と思ってくださっていたとのこと、訪れるてみる
と、「思いが伝わったのね〜」と感動してくださり、懐かしい再会を果たすことができました。
楽しい時間はアッという間に過ぎ、帰りの時間となりました。

往路は夫が半分運転してくれたので、楽でしたが、復路は私が運転できるところまで、やってみようと思いハンドルをにぎりました。

すでにもう外は暗く、途中少し雨もぱらつきましたが、なんと3時間をひとりで運転して帰宅することができました。

これまでの運転時間の最長は、1時間半でしたから、ずいぶん前進しました。
そして不思議ですが、3時間ほど運転してみると、なんだかドライブっていいなぁ〜と
とても軽やかに運転して帰ってこられたのです。
真暗だったにも関わらずです。
心が軽やかだったということでしょうか。感謝です。

行く時も、美しい紅葉をみることができました。
運転しながら、時々我慢できなくなり、「幸せ〜!!!」と叫んでいました。
実は、紅葉すなわち秋が大好きな私だったのです。

K宣教師の赴任1周年だったこと、そして、大好きな紅葉の中をドライブすることができたこと、ひとつ一つ、神さまが導いていてくださったんだなぁ〜と感謝でいっぱいでした。




posted by 北のハイジ at 22:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

エアー ギター

世の中にはエアーギターの世界大会があるそうですが、その大会ではなく、先日のラブ・ソナタで、エアーギターの演奏を目にしました。

ラブ・ソナタの全プログラムに手話通訳がありました。3人で交代しながら、2日間の全プログラムに取り組んでいてくださいました。
どんな集会でも、賛美の時、私は、手話通訳の方に目が釘付けになってしまいます。
いつも手話の賛美は美しいなぁ〜とほれぼれするのです。

今回もたくさんの賛美や演奏がありましたが、その中で、ナイトdeライトというグループの演奏を手話で通訳している方が、その激しいリズムの演奏に合わせて、からだを揺すりながら通訳されている姿に感心していました。

するとその曲の間奏部分になった時です。
ことばはないのですから、通訳は少し休んでもいいと思うような場面でしたが、その通訳の方は、舞台で激しくギターを演奏している若いお兄さんと同じように、からだを震わせながら、ギターの演奏の振りをしておられたのです。

通訳者魂に触れたというか、全身全霊で通訳に打ち込んでおられる姿に、心から感動しました。
通訳しておられるのは、決して若いとは言えない女性の方でした。ちょうど私くらいの年齢の方でしょうか。

私も自分に与えられた務めに、あのように全身全霊で打ち込みたい、そのように感じました。
ラブ・ソナタで最も感動したシーンでした。



posted by 北のハイジ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

あこがれの人

私たち夫婦のあこがれの人・・・渡辺和子さんの講演会が今日ありました。

特に夫は、結婚した当初から、渡辺さんの著作を片っ端から読んでいます。
その影響で、私も何冊かは読みました。
その渡辺さんが旭川に来られると知ったときから、私も、講演会を楽しみにしていました。

自殺防止に取り組んでいる「いのちの電話」という団体の開局30周年記念公開講座の講師として来てくださったのです。

残念ながら、夫は行くことができなくなってしまったのですが、
どんな素晴らしいお話を聞いてきたか〜というのをリピートするのではなく、「〜なんか、あなた変わったね〜」と言ってもらえるようになりたいな、と決心して帰って来ました。
それが、何よりのお土産だと思いました。

公演のテーマは、「生かされて生きる」で、旧約聖書のイザヤ書43章4節のことばがベースとなっていました。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」
posted by 北のハイジ at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

冬眠から目覚めました?

1ヶ月以上、放置したままでした。
訪れてくださった皆さん、すみませんでした。

夏季聖会を終えてからは、8月30、31日のラブ・ソナタという集会のために、ひたすら走り続けてきたという40日間でした。
無事終わりました。
すばらしかったです。
健康も守られ、とても元気にしていますので、どうぞご安心ください!

今日は、ここまでです。
posted by 北のハイジ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

感謝×10♪

18,19日に夏季聖会というものがありました。
私たちの教会が会場となり、70名ほどの集まりでした。18日の夜は36名の宿泊でした。

男性の方々は、13名全員アンテオケホールという場所が居室。女性の方々は、3人、4人、5人と分かれての宿泊でした。普段は宿舎として使っているわけではない部屋を何とか部屋らしくするために、皆で掃除をし、カーペットを敷いたり、可愛い布でカバーリングをしたりと楽しく準備に取り組みました。

聖書のメッセージのテーマは「献身」でした。講師の先生が強調しておられたことは、新約聖書の「ローマの信徒への手紙」という箇所に書かれていることばで、12章1節にでてくる「ささげなさい」は きっぱりとささげ、かつ継続にささげ続ける意味であるということでした。


2日目の午前には、野外礼拝にも出かけました。中富良野のクリスチャン農園にバスで到着すると、お花畑に蝶々が何匹もひらひらと舞っている光景が目に飛び込んできて、なんともいえない感動を覚えました。
あるおじさんは、天国みたいだとい評しておられました。

野外礼拝の準備組、食事担当者、買物係り、ゴミ当番などそのほか色々、みごとなチームプレーで、2日間が進んで行きました。
それぞれの意見の違いなども乗り越えて、本当に心を一つにしてとり組むことができたように感じました。

疲れを覚える中にも、教会の兄弟姉妹が喜びをもって、他教会からの皆さんをお迎えし、仕えてくださっている姿を見させていただけたことは、本当に嬉しく、喜びがふつふつとこみ上げてくるようでした。

準備の段階で、岡田ジャパンを引き合いに出し、あのように素晴らしいチームプレーで夏季聖会に臨みましょうと、話していました。
何といってもこちらには、力強い監督者イエスさまが片時もはなれずにいてくださるのですから〜勝利は間違いなしです。

個人的には、当日は失敗だらけで、恥じ入るばかりですが、そんな私をも主は愛してくださっていることのゆえに平安を感じています。
また教会のメーンバーも、ちょっと?ピントのずれた私の言動や性質を知り尽くし、苦笑いしながらも受け入れられていることを覚え、感謝でいっぱいです。
開き直るのではなく、訓練されて、整えられた働き人を目指し、主に自分自身をささげて歩みたいと思いました。

感謝、感謝の2日間でした!









posted by 北のハイジ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

老いていく父のかたわらで☆

なかなか更新しないブログでも訪れてくださる方がおられることを、先ほど知り、申し訳なさから、取り急ぎ更新します!

帰省した折、父親が病院に、検査に出かけました。
その後、私が旭川に戻ってからですが、1週間の検査入院をし、今日退院しました。
はらはらドキドキの1週間でしたが、とりあえずようすを見ながら、3ヵ月後にまた検査をする予定です。

血液をさらさらにする薬を服用し始めました。
薬にも助けられて、歩いても、さほどしんどいということは、なくなったようです。

これまでは、帰省したときはいつも、商売のために忙しく動き回っている父でした。
けれども今回は、自室のベットに座っていることが多く、私もそのかたわらに座って、父が見せ、そして聞かせてくれる、さまざまな本の話に耳を傾ける、そんな時ともなりました。



posted by 北のハイジ at 23:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

充実の一週間

いろんなことがありすぎて、私の中ではちょっと大げさかもしれませんが、10年分くらいに感じる濃厚な8日間でした。

ちょっとだけ紹介すると

18(金) 3時半に起床。8日間分の荷作りと子どもの弁当を作って、家     を6時半に出る。実家に14時半に到着。

19(土)10時に高校時代の友人に会って、数十年の空白を埋めるかの     ような語り合い。
     19時半、母教会に息子、甥っ子と足を運び、先生方と祈りの     とき、賛美の打ち合わせの時を持つ。

20(日)9時半に実家を出て、教会に向かう。 
     10時半からの礼拝の中で、体験談を語る。
     13時半から女性会の特別集会でメッセージを語る。

とりあえず、ここまでにします♪






        
posted by 北のハイジ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

ただいま!

自分が育った関西の教会での大きな仕事を終えて、昨日の夜20時40分に、帰宅しました。

結婚してから家を空けることは何度かありましたが、今回は日曜日を一度はさんで8日間・・・今までで最長でした。

帰ってくると、我が家がとっても新鮮で、キッチンがこんなに広かったかな〜洗面所もこんなに広かったかな〜
という感じで・・・
北海道は、万事が大きくて広いんでしょうね☆

天のお父さまと沢山の皆さんに支えられた8日間でした。
感謝です。

また、落ち着いたら土産話をと思ってます!

お祈りしてくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
posted by 北のハイジ at 11:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。