2009年03月31日

あぶない!あぶない!

なんとこのままだとブログを1ヶ月も放置することになりそうでした。
ギリギリのところで、セーフでしょうか?

あぁ〜あぶない!あぶない!


ところで、明日から茨城県の小美玉(おみたま)市にある聖書学院に行ってきます。

夫は日曜日の夜に出かけ、1日遅れで高2の娘は昨日、一人で旭川をたちました。飛行機はウェブチェックなどという、便利なもので乗り込みましたが、数日前から「上野まで無事に行けるかな〜」と東京の街?にちょっとドキドキしながら出かけて行きました。
無事に到着できたようです。


聖書学院は私達夫婦がそれぞれ牧師になるための訓練を受けた場所です。
敷地の広さは膨大で、1万3千坪もあります。
池があり、グランドがあり、林があり、花壇があり、そこかしこに宿舎が点在しています。
初めてそこに行ったのは、中学1年生の春休み・・・朝の鐘の音とともに、あちらこちらの宿舎から聖書を小脇にかかえて、大きな礼拝堂に歩いて行く人々の姿に、あぁ〜天国みたいな所だなぁ〜と感じたことを懐かしく思い出します。

それから12年後、そこで3年間学び、1年間のインターン生活を終えて牧師としてスタートしました。

それからまた数年後、今度は聖書学院の職員として、家族でここに赴任しました。
期間はたった2年間でしたが、就学前の長男とまだ幼稚園にも行かない小さな長女は、広い敷地内をいつも泥んこになって走り回って育ちました。
次男はここ茨城県生まれです。
次男は今回はお留守番ですが、またの機会にふるさとを訪ねて行くことでしょう〜

懐かしい方々と共に、賛美をし、語らい、何よりも静かなそこで、神さまからの語りかけに耳を傾けてきたいと思います。

posted by 北のハイジ at 10:41| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

母親になった日

明日は、長男の19回目の誕生日です。
昨年の春、大阪に旅立ってから約一年、今日まで守られてきたことを神さまと祈り支えてくださった方々に感謝です。

実は3週間前頃から、何回か娘とこんな会話がありました。
「お母さん、にぃちゃんの誕生日忘れそうやねぇ〜」
「そう。そう。やばいよね(このことばは悪い意味での本来のヤバイです)〜。忘れそう〜」と私。

ごめんねyoshi・・・でも大丈夫!間に合いましたよ。
今郵便局に行ってきたので、明日の午後に着くよ。何がって?もちろん・・・

昨晩10時から焼きました!ガトーショコラ!
500円のエクスパックに入れて送るため、高さを低く(薄く)して焼きました。
薄くしたということは、容量が少なくなるってことで、余った分は、耐熱ミニ紙パック5個に入れて、一緒に焼きました。
もちろんそれらは、こちらに残っている家族でいただきました(笑)。
そしたら、娘が「お母さん、これやばいよ〜!(これはたまらなく美味しいの意味)」
ほんと美味しかったです(笑)。いつもは簡単なお菓子しか作りませんが、ガトーショコラだけは、力がはいります。卵白をしっかり泡立てるのがポイントですね。


大阪の東花園っていう所に住んでいた時、駅前のケーキ屋さんで買ったガトーショコラがとっても美味しくて、それ以来息子は、ガトーショコラ好きになりました。
そこのケーキは少し苦味もあって、とても7、8歳の子どもが好むようには思えませんでしたが、当時息子は生クリームが食べられなかったので、そのケーキが大好きになったようです。

北海道に来て迎えた9歳から18歳までの誕生日は、毎年(計10回)、末広のおじいちゃんとおばあちゃんが、あちらのケーキ屋さん、こちらのケーキ屋さんと、ガトーショコラを探して届けて、祝ってくださってました。
今回はジンギスカンを大阪に送ってくださったとのこと、感謝です♪
愛されて、感謝ですね。

「生まれてきてくれて、ありがとう。」のことばが
世界に広がりますように♪

☆HAPPY BIRTHDAY TO YOU !☆


posted by 北のハイジ at 11:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

感謝なことあれこれ

今日は、教会の定例の祈り会でした。
いつもの十数名が集まって、賛美歌を歌い、祈りのひととき。いつもと違うのは聖書のメッセージをする牧師(我が夫)が不在なこと。

夫は、KGK(キリスト者学生会の略です)という若者の集まりのために、となり町に出かけていきました。
私がメッセージさせてもらう時もあるのですが、今日は賛美と祈りの後「あかし会」となりました。
「感謝なことの報告会」と言ったらいいでしょうか。
すてきなひとときでした。

それぞれの生活の場で、ある時は忍耐を強いられ、ある時は悶々とし、
最悪と思えることがらを経験してこられたおひとりおひとり。
でも、神さまを信頼して進んでいくとき、確かな答えがあることをその分かち合いで、確認させてもらいました。

問題が解決したわけではないけれど、これまで導いてくださった神さまを信頼していけば、決して失望することはない!と皆さんが語られているようでした。それぞれの体験は違っていてもです。

神さまは、真実ですばらしいと口々に話される皆さんの存在が、キラキラ光る宝石のようでした。


posted by 北のハイジ at 16:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ちらし寿司

ちらし寿司

いつかのブログで、母の作ったちらし寿司が食べたいと言いました。
少しだけ実現しました。母の娘すなわち、自分で作りました。
まぁまぁ母の味に近かったな?

家族には好評でした♪
錦糸卵は、手抜きをしたから太くなったのではなく、お友だちにいただいたお寿司の玉子がこれ位の厚さで、美味しかったのでまねてみました。

干ししいたけを切らしていたので、本しめじに味をつけて代用しました。干ししいたけの戻し汁が美味しさの決めてなのに、邪道ですね。まぁいいか〜

今度は、干ししいたけもきちんと使って、そしてレンコンを飾ってみたいと思います。

でもやっぱりブログはいいですね。
以前もお花を触りたいと書いたら、翌日お花を生けることができたんですから。


posted by 北のハイジ at 20:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

「塩狩峠」100年メモリアルフェスタ

先週の土曜日2月28日は、旧国鉄職員の長野政雄さんが塩狩峠で、殉職されてちょうど100年でした。
これを記念して、金曜日から土曜日にかけて、旭川市と和寒町の塩狩峠(旭川中心部から車で約1時間)で、メモリアルフェスタがもたれました。


峠での追悼式の様子が先ほど、民放で放映されました。
そこで流れたのは、私も属しているゴスペルクワイヤの歌声でした。
メンバーの姿は映らず、音声だけでした。導入の部分と終わりの部分でAmazing〜♪と清らかな歌声が流れていました。

BGMのように使われていた感は否めないので、このニュースを見た方々は、そこでクワイヤが生で演奏しているとは、思わなかったかもしれません。


姿は見えなくても、見事な歌声でした。
うまいとか上手というのではありません。
その場にふさわしい賛美でした。
放送では、Amazing〜のワンフレーズしか流れないのですが、その部分を繰り返し聴いているだけで、その場を包み込むような歌声であったことがわかりました。


峠に出かけることのできなかったメンバーに呼びかけ、追悼式が始まる時間に合わせて、それぞれの場所で賛美することにしました。
峠には出かけることができなかった私も、教会に住んでいる特権で、広い礼拝堂の中で、十字架にだけライトを照らし、ひとりで賛美しました。でも出かけて行ったメンバーと、留守番組のメンバーとともに賛美している一体感を覚えました。

自分の体を投じて逆送する列車を止め、乗客全員を救った長野政雄さん・・・十字架の上に命を捨てて、すべての人々がその犠牲によっていのちの道を歩めるようにしてくださったイエス・キリスト・・・
その愛が胸に迫ってくるひととき静かな夜・・・どなたかが言われた「塩狩峠は第二のエルサレム」そのことを実感した100年目の静かな夜でした。



「あなたの死は、一粒の麦のようにたくましく、
いのちより重い愛の尊さを私たちの胸に刻んでくれました。」三浦綾子
posted by 北のハイジ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。