2010年03月28日

私のところにもかかってきました!

オレオレ詐欺です。

ちょうど夜中の12時に電話が鳴りました。
電話が鳴った瞬間に時計を見ると、針は12時をさしています。
受話器を見ると「非通知」の文字。

12時と非通知で、なんか怪しい〜、
そう思って、「○○教会の○○でございます。」とは言わず
「もしもし」とだけ言いました。
すると、
「かぜひいた〜」という声・・・

思わず、長男の名「○○くん?」と言いそうになりましたが、
即、オレオレ詐欺と直感しました。
以前、新聞で「かぜひいた〜」手法でオレオレ詐欺の電話を受けたという私と同世代の人のコラムを読んでいたからです。

ここまでのやりとり4秒・・・

詐欺と直感したならすぐ電話を切ればよかったのですが、なぜかそうもできず、沈黙作戦に出てしまいました。

そのとき、私は何をしていたかと言うと、明日の礼拝の準備で、週報(プログラムや報告事項などが記されているもの)を80枚印刷している最中でした。両面印刷なので20分くらいかかります。と言ってもやっているのは機械ですが・・・

沈黙していたら、むこうから電話をきるだろうと思っていたのですが、沈黙の中で、向こうはこちらのようすを伺っているのか、受話器に近づけている鼻息だけが時々聞こえてきます。
風邪と言うわりには、咳もしません。
相手に聞こえているこちらの音はというと、印刷機の音だけだろうと思っていたのですが・・・
相手の鼻息が聞こえるなら、こちらの鼻息も聞こえることに気づき、それはまずいと思い、受話器を耳に当てたまま、机の前から印刷機のすぐそばに移動しました。印刷機の表示はあと「30枚」・・・・

どうしてこの子は、すぐに電話を切らないんだろう〜と考えた時、悪党グループのリーダーにすぐ切ったら怒られるのかな〜、そこから抜けだせないのかな〜などと思いました。

そうすると、「あきらめて早くきってよ!」という気持ちが、「ちょっと待って、この印刷が終わるまで切らないで〜」という気持ちになってきました。

そして、印刷が終わるまでの間に、何と言おうか、賛美歌でも歌いだそうか、そうだ聖書のことばだ! ヨハネ3の6がいいかな〜、いや、やっぱりイザヤ43の4がいいだろうな〜

最初は何って言おう?
そうだ、私のお得意の留守番電話式でいこう!

印刷機のカウンターは、3、2、1、0
それまで「がーがー」言っていた機械の音が静かになったところで、
よし、スタート!

「お待たせいたしました。
聖書のことばです。
わたしの目には、あなたは高価で尊い。
わたしはあなたを愛している。
旧約聖書 イザヤ書43章4節。
これは神様からあなたへの愛のメッセージです。
どうぞお大事に。お休みなさい。」
おやすみなさいの「い」と言った瞬間に電話は切れました。

以前、毎週録音していた電話で聞ける聖書のメッセージのような気持で話しました。
留守番電話のように聞こえるかも知れないけれど、愛を込めて話ました。心では「途中で切るなよ」「切るなよ」「最後まで聞けよ!」という気持でした。

自分が愛されている存在だと気づいていないこの青年にこそ、聖書のメッセージは必要だと思わせられたのです。
相手グループには、私の声は録音されているのでしょうか。
もしそうなら、再生してみんなで聞くのでしょうか。
ぜひ、ぜひ、聖書を読んでみてほしいと思います。

最初はドキドキでしたし、電話を切ってからもドキドキでした。
ドキドキを鎮めるためにも、深夜ですが、ブログにアップすることにしました。

神さまに守っていただいた感謝と、若者達の救いを祈りつつ・・・
















posted by 北のハイジ at 01:20| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ただいま!

大阪と茨城県に行ってきて、今日(26日)帰って来ました。
色々なことがあった5日間でした。

まずは、予定の21日の飛行機に乗れなかったこと・・・
原因は皆さんご存知のとおりです(涙)

おいおいとお話していきましょう〜☆
posted by 北のハイジ at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

旅立つ子どもたち

今日は、長男の20回目の誕生日です。
多くの方々に祈られ、支えられ、助けられて歩んできた20年間だったと思います。

これからはどんな人生を歩んでいくのでしょうか〜
きっと、神と人に愛されて生きてきたのですから、今度は、神と人をさらに愛する者として歩んでいくことでしょう。


その大阪にいる長男は今日はパーティーかもしれませんが、
こちら我が家は今、模様替え、真っ最中です。
一つ目は、夫の書斎としても利用している、事務所。
もう一箇所は、次男の部屋です。
高校生にして、やっと扉についた一人部屋をゲットです。

今まで使っていた部屋から、どんどん物が整理されてガランとしていくようすを見て、なんだか、ふっと寂しくなり、子離れの切なさの前味を味わったような気分でした。

私の周りでは、本州に息子さんを送り出す友人が二人もいて、その家庭もこんな感じなのかなぁ〜と少し感傷的になってしまいました。
うちは、まだ地元にいますし、一緒の家に住んでいるのにです〜(笑)

過干渉にならにように、三人の子ども達を見守っていきたいです。と同時に親として、言うべきことはうっとうしがられても言う愛の覚悟をもってともに歩んでいきたいです☆




posted by 北のハイジ at 22:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

パソコンの前でドキドキ☆

次男が、公立高校に合格しました。
応援してくださっていた方々、お祈りしてくださっていた方々、ほんとうにありがとうございます。

時たま一緒に勉強したり、励まし合ってきた教会のお友だちも一緒に合格できたので、本当に嬉しく感謝です。

彼の中学生活については、一言では語りつくせないことがあり、その中で得た合格なので、本当に嬉しく、ネットで番号を確認して、もう一時間近くたつのに、感謝と感動の涙が出てきます。

ほんとうに、よく頑張ったと思います。
彼自身もきっと、この喜びと感謝を胸に焼き付けて、
人生の目標をしっかりと据え、それに向けて邁進していくことでしょう。

感謝の報告でした。
posted by 北のハイジ at 10:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

出不詳だけど、知りたがり♪

初めてみた旭山動物園のペンギンの散歩は、それはそれは可愛いものでした。
なかでも、一匹?一羽?集団からどうしてもそれてしまう子が一人いて、とっても親近感を覚えました。

散歩道は、何にもないただの雪道ですが、でもそこに彼?彼女?はいろんなものを見つけて、興味つつで、歩いていくのです。
っ空を見上げて立ち止まってみたり、雪の中をくちばしで掘り返してみたり、私はその子に目が釘付けでした。

可愛いのと、何か自分に似ているようで本当に愛らしかったです。


今日は、朝の6時10分に家を出、網走に行ってきました。
お天気もよく、道もよく、なんと「網走まであと30分で着くでしょう」とのことで、時計を見ると、まだ9時45分。
窓からは、サロマ湖でわかさぎ釣りをしている人々とテントが小さく見えます。

氷の上を歩くゆうきはなかったので、ちょっと寄り道をして、能取岬まで行くことにしました。
ずーっと車の中だったので、外の空気を吸いたかったのと、美しい景色も窓越しより、直接みたいという衝動に駆られたのです。

端っこにきたなぁ〜という印象でした。
人工物の何にもないその景色に、力強さを感じました。
見えるのは、海と、小さくなって岸辺に打ち寄せられている流氷のかけら、そして時おり鳴き声が聞こえるかもめ。
国道からそれて、岬に着くまで(実際には岬より少し手前の所でしたが)と着いてからの計20分間、他の車を一台も見かけませんでした。

岬に行こう!と言ってよかったな〜と思いました。
出不詳だけど、出かけたからには、ただでは帰ってこないというのが私のようです。

会議には、十分時間があり、
私に割り当てられた役目も果たして、無事に戻ることができました。

明日は、中3の息子の卒業式です。






posted by 北のハイジ at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

ペンギンの散歩

私は出不精です。
人のためには、動けるのですが、こと自分のためとなると出足が鈍ります。
今日も月曜日なので(一応の休日です)、夫が朝から誘ってくれます。「デートしよう〜」
ほとんど実現しないのが常です。

でも、今日は、「ペンギンの散歩見に行こう〜」と具体的な誘いでした。寒そうだけど、1時間で帰ってくるというので、行くことにしました。

旭山動物園を楽しみに来られるお客さんが、うちに来られた時、ペンギンの散歩を実際に見てみなければ、お薦めする事もできないなぁ〜と思い、出かけることにしました。
寒いと言っても、まもなく雪解けの季節ですから、散歩もいつまでやるかわかりません。
その上、昨年買った動物園年間パスポートは購入時のあと、一度も使われること無く、3月31日の使用期限も迫っていました。

そんなこんなで、出不精の私も今日は比較的、速やかに腰をあげることができました。
いつも、つれない私に声をかけ続けてくれる夫に大感謝です!

感想は、とにかく「可愛いぃぃ〜!!!」でした。

日付が変わりそうなので、(というか瞼が下りてきたので)今日はここまでにします。
また続きは明日に☆




posted by 北のハイジ at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

あっちでもこっちでも総会

2月28日は、教会の総会。
昨日の3月6日は、所属しているゴスペルクワイアの臨時総会でした。
色々のことを、思い巡らしたここ1週間でした。

心を一つにするということ。
私に何が求められているのかということ。
自分流のスタイルや考え方が身に染み付いてしまっていて、他の意見を聞く心のやわらかさが失われていないか〜ということ。
逆に、対立する二つの意見・・・それを聴き両方の意見に共感してしまい、混乱する自分。

10際の頃となんら変わらない自分の姿を思い出すような感じでした。
これが自分の弱さだなぁ〜と思った昨日でしたが、今、こうして振り返ると、その性質が、逆に神さまに使っていただける賜物にもなるのかもしれない〜とも感じます。

とにかく、
神さまが喜んでくださる道を選び取り、神さまが喜んでくださることを語り、行うものでありたいと願わされます。
自分流、自分のパターンではなく、真実に、神さまのみこころを求めるものでありたいです。

posted by 北のハイジ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

CGNテレビの収録

今日は、韓国のCGNテレビのスタッフが2名、教会に来られました。道央の教会で奉仕している牧師達の、聖書のメッセージの収録のためです。牧師は、6名集まり、私も仲間に加えていただきました。

 トップバッターは、夫で、あとの5名は自分の番が来るまで、ベタニアという部屋で待機していました。
すると、ひとりの牧師さんが、「まるで、この部屋、受験の面接の控室みたいだね〜」
本当に、そんな不思議な空間でした。
私の番は予定通り、一番最後だと思い、ややのんびり構えていたら、何と最後から3番目とのこと!(順番の訂正の説明の時、どうやら中座していたようです。)
冷や汗ものでした。
ディレクターからは、「1発勝負です!」と最初に釘を刺されていたので、自分ひとりででもリハーサルをすればよかったのに、それもしないままに、自信なく本番に突入してしまいました。

あまりにアタフタと動揺しているように見えたのか、ディレクターは、祈って始めましょう!と言ってくださいました。
祈ったあとは、神さまが、助けてくださると信じて、話し始めました。

ところが、途中で真っ白になり、手を上げて、ここまでにしてください!と叫びたい衝動に駆られました。
でもなんとか持ちこたえて、最後まで話し続けました。収録時間は10分。3分でもなく、30分でもなく、何とも難しい時間でした。

言葉は言い間違えるし、目は泳いでいるし、さんざんな始末でした。
近年になく落ち込んでいる私に、優しい夫は、「途中でやめないでやり遂げたんだから、そこが立派だった」と言ってくれました。

聴衆がいるというのは、何という感謝なことでしょう。
教会の礼拝では、うなずいて聴いておられる方、アーメンと言ってくださる方、祈ってくださっている方々に支えられて、語ることができるのだな〜と、改めてその恵みに感謝です。

カメラに向かってというのは、とても難しかったです。何とかなるさ〜と思ってしまう自分の甘さに、気づかされました。

この失敗は、私にとっては、素晴らしい教訓となりましたが、テレビを見てくださる方々には、本当に申し訳ない限りですし、素晴らしいチャンスをくださった神さまにも申し訳ないです。
このブログを読んでくださっている方々、どうぞ、私の収録は飛ばしてくださいね!よろしくお願いします。

と言いつつ、ここで、その収録のことをばらすのは、矛盾しているかもしれませんね。

補足ですが、祈って始めたのは、どの人も同じだったようです。
夫は言います。「祈って始めたんだから大丈夫!」

それにしても、ジャンプを失敗しても、失敗してから立て直すことを想定して練習に取り組んでいた高橋さんのすごさに脱帽です。

ちょっとすっきりして、眠れそうです!
今日という日を与えてくださった神さまに感謝して床につきます☆





posted by 北のハイジ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

3人揃って、試験!

今日は、
次男の公立高校の受験日でした。
長女は、自動車の仮免の試験。
長男は、写真スタジオの面接。

みごとに3人揃っての試験日でした。

次男は、今朝は5時起床で、即、制服に着替え、勉強するのかと思いきや、ピアノで賛美歌をしばらく弾いていました。
その後、いつもより一時間早く起きてしまったようで、リビングで仮眠(と言えばかっこいいですが、いわゆるうたた寝です)をし、おかげでアイロンがけしたカッターシャツは、くしゃくしゃ(笑)。

ご飯を食べて、元気に出かけて行きました。
ここ数週間のピリピリとは違い、実にゆったりとした朝でした。
今日までで、やるべきことはやったという感じでしょうか。
きっと、今日も力を尽くしてきたことでしょう。

娘は、仮免に合格し、まもなく路上運転するとメールが来ました。ビックリです。合格してその日の内に路上に出るんでしょうか。26年も前のことなので、その辺の記憶がありません〜
1日中、自動車学校に居るときは、おにぎりをもっていきます。
ここで美味しいおにぎりの具材の紹介です。

スクランブルエッグを作る要領で、味付けは適量のお味噌とお砂糖です。とてもおにぎりに合いますよ。 ためしてみてくださいね。

長男からは、昨日学校に求人の確認に行くと、写真スタジオの求人が来ていたそうです。
その場で電話してみると、3日の11時に面接に来るようにとのことでした。
無事面接を終えて帰宅した息子は、明るく、元気な声で、父親に電話をしてきたようです。吹っ切れたという感じでしょうか〜結果は神さまにお委ねです。

3人そろっての試験日だった3日もまもなく終わろうとしています☆











posted by 北のハイジ at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

卒業式

今日は、長女の高校の卒業式でした。

泣いてしまうかな?と思って出席しましたが、予想に反して涙は出ませんでした。さわやかな卒業式ということでしょうか。

恵まれた高校生活だったと思います。

部活は、国際交流部に属し、そんなに多くはありませんが、海外からの留学生たちとの交流があったり、ALTの先生とたくさんおしゃべりしました。そして、スウェーデンに出かけることができ、本人の「10代のうちに異文化にふれたい」という念願がかなったことは何よりです。これに、渡航費用はバイトに励んで賄ったということを付け加えなくてはならないでしょう。

生徒会執行部に入り、副会長として友人と共に奮闘していました。みんなの知らないところで犠牲を払いつつも「うまくやってあたりまえ、うまくいかなかったら叩かれる」という生徒会活動の経験を得ることができたのは、人生における大きな財産だと思います。誘ってくれた友人に感謝です!

勉学に励んだ3年間だったというのも、傍で見ていて頼もしいものでした。
政治経済や現代社会の授業で、興味深い話しを聞いてくると、私にもリピートしてくれました。この先生の授業からは大きな刺激を受けたようです。
定期テスト前になると、世界史などの暗記ものは、私もつき合わされ、最初はおっくうでしたが、いつしか自分まで学生気分になり楽しませてももらいました。
学校から帰宅して、バイトに出かける前の10分間も利用して、宿題やプリントに取り組んでいました。

今日の卒業式で、入退場する彼女の姿を見ていると、3年前、何か気迫のようなものを漂わせながら、入学式の式場である体育館に入場してきた時の姿が、思い出されました。
小、中学校生活に躓いていた娘は、「この高校生活、どんなことがあってもやめず、くじけるものかという思いで、スタートしたんだ〜」といつか話してくれました。

受験に臨むべく本腰を入れ始めた昨年の秋から、毎日、聖書のことばをメールで送りました。
学校に出かける前にも、自分で聖書を読んでいくのですが、それだけでは足りないようで、毎日、聖書のことばを送ってほしいという本人の希望でした。
聖書のことばに触れ続けないと、やっていくのが難しいという面もある高校生活だったようです。

親として知っていることの方が少ない、子どもの生活です。
親の目は届かなくても、神さまの愛の目はいつも届いていて、その神さまに子どもを委ねることができるのは、本当に感謝なことです。
そして、子ども自身が、この神さまを信頼し、この神さまのみこころを第一として歩もうとしていることが、何よりの感謝です。

これからは、もっと複雑な問題にも直面していくことでしょう。
多くの方々の応援と祈りがあったことを、更に心にすえ、神さまを信頼して進んでいってほしいです。


娘のことを覚えてくださっていた皆さん、お祈りくださった皆さん、心からありがとうございました。








posted by 北のハイジ at 01:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。