2010年09月08日

エアー ギター

世の中にはエアーギターの世界大会があるそうですが、その大会ではなく、先日のラブ・ソナタで、エアーギターの演奏を目にしました。

ラブ・ソナタの全プログラムに手話通訳がありました。3人で交代しながら、2日間の全プログラムに取り組んでいてくださいました。
どんな集会でも、賛美の時、私は、手話通訳の方に目が釘付けになってしまいます。
いつも手話の賛美は美しいなぁ〜とほれぼれするのです。

今回もたくさんの賛美や演奏がありましたが、その中で、ナイトdeライトというグループの演奏を手話で通訳している方が、その激しいリズムの演奏に合わせて、からだを揺すりながら通訳されている姿に感心していました。

するとその曲の間奏部分になった時です。
ことばはないのですから、通訳は少し休んでもいいと思うような場面でしたが、その通訳の方は、舞台で激しくギターを演奏している若いお兄さんと同じように、からだを震わせながら、ギターの演奏の振りをしておられたのです。

通訳者魂に触れたというか、全身全霊で通訳に打ち込んでおられる姿に、心から感動しました。
通訳しておられるのは、決して若いとは言えない女性の方でした。ちょうど私くらいの年齢の方でしょうか。

私も自分に与えられた務めに、あのように全身全霊で打ち込みたい、そのように感じました。
ラブ・ソナタで最も感動したシーンでした。



posted by 北のハイジ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

あこがれの人

私たち夫婦のあこがれの人・・・渡辺和子さんの講演会が今日ありました。

特に夫は、結婚した当初から、渡辺さんの著作を片っ端から読んでいます。
その影響で、私も何冊かは読みました。
その渡辺さんが旭川に来られると知ったときから、私も、講演会を楽しみにしていました。

自殺防止に取り組んでいる「いのちの電話」という団体の開局30周年記念公開講座の講師として来てくださったのです。

残念ながら、夫は行くことができなくなってしまったのですが、
どんな素晴らしいお話を聞いてきたか〜というのをリピートするのではなく、「〜なんか、あなた変わったね〜」と言ってもらえるようになりたいな、と決心して帰って来ました。
それが、何よりのお土産だと思いました。

公演のテーマは、「生かされて生きる」で、旧約聖書のイザヤ書43章4節のことばがベースとなっていました。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」
posted by 北のハイジ at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

冬眠から目覚めました?

1ヶ月以上、放置したままでした。
訪れてくださった皆さん、すみませんでした。

夏季聖会を終えてからは、8月30、31日のラブ・ソナタという集会のために、ひたすら走り続けてきたという40日間でした。
無事終わりました。
すばらしかったです。
健康も守られ、とても元気にしていますので、どうぞご安心ください!

今日は、ここまでです。
posted by 北のハイジ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。