2010年10月21日

3時間のドライブ

すっかりのご無沙汰でした。

今週の月曜日、18日に、十勝清水まで行ってきました。

この夏に、1ヶ月間ともに過ごした、韓国の宣教師の先生を訪ねる旅でした。
K宣教師に出会った当初は、絶対にひとりで、3時間かけて清水町に行ってみる!
K宣教師に会うためなら、私にもできる!
と意気込んでいました。

ところが、この1ヶ月、自分の至らなさを突きつけられる出来事があり、重い心を抱えこみ、足がそちらのほうに向きませんでした。
おまけに、北海道は寒くなってきて、さらに遠出をしようという気分にはならず、先延ばしにしていました。

でも、夫がいっしょに行こうと言ってくれたので、念願が実現しました。
もっと早い時期に行きたいと思っていたのですが、不思議なことに、私たちが訪れたのは、K宣教師が清水町に赴任してちょうど一年と1日という日だったということです。

K宣教師は、前日の夜、私に電話したいなぁ〜と思ってくださっていたとのこと、訪れるてみる
と、「思いが伝わったのね〜」と感動してくださり、懐かしい再会を果たすことができました。
楽しい時間はアッという間に過ぎ、帰りの時間となりました。

往路は夫が半分運転してくれたので、楽でしたが、復路は私が運転できるところまで、やってみようと思いハンドルをにぎりました。

すでにもう外は暗く、途中少し雨もぱらつきましたが、なんと3時間をひとりで運転して帰宅することができました。

これまでの運転時間の最長は、1時間半でしたから、ずいぶん前進しました。
そして不思議ですが、3時間ほど運転してみると、なんだかドライブっていいなぁ〜と
とても軽やかに運転して帰ってこられたのです。
真暗だったにも関わらずです。
心が軽やかだったということでしょうか。感謝です。

行く時も、美しい紅葉をみることができました。
運転しながら、時々我慢できなくなり、「幸せ〜!!!」と叫んでいました。
実は、紅葉すなわち秋が大好きな私だったのです。

K宣教師の赴任1周年だったこと、そして、大好きな紅葉の中をドライブすることができたこと、ひとつ一つ、神さまが導いていてくださったんだなぁ〜と感謝でいっぱいでした。




posted by 北のハイジ at 22:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。