2009年03月02日

「塩狩峠」100年メモリアルフェスタ

先週の土曜日2月28日は、旧国鉄職員の長野政雄さんが塩狩峠で、殉職されてちょうど100年でした。
これを記念して、金曜日から土曜日にかけて、旭川市と和寒町の塩狩峠(旭川中心部から車で約1時間)で、メモリアルフェスタがもたれました。


峠での追悼式の様子が先ほど、民放で放映されました。
そこで流れたのは、私も属しているゴスペルクワイヤの歌声でした。
メンバーの姿は映らず、音声だけでした。導入の部分と終わりの部分でAmazing〜♪と清らかな歌声が流れていました。

BGMのように使われていた感は否めないので、このニュースを見た方々は、そこでクワイヤが生で演奏しているとは、思わなかったかもしれません。


姿は見えなくても、見事な歌声でした。
うまいとか上手というのではありません。
その場にふさわしい賛美でした。
放送では、Amazing〜のワンフレーズしか流れないのですが、その部分を繰り返し聴いているだけで、その場を包み込むような歌声であったことがわかりました。


峠に出かけることのできなかったメンバーに呼びかけ、追悼式が始まる時間に合わせて、それぞれの場所で賛美することにしました。
峠には出かけることができなかった私も、教会に住んでいる特権で、広い礼拝堂の中で、十字架にだけライトを照らし、ひとりで賛美しました。でも出かけて行ったメンバーと、留守番組のメンバーとともに賛美している一体感を覚えました。

自分の体を投じて逆送する列車を止め、乗客全員を救った長野政雄さん・・・十字架の上に命を捨てて、すべての人々がその犠牲によっていのちの道を歩めるようにしてくださったイエス・キリスト・・・
その愛が胸に迫ってくるひととき静かな夜・・・どなたかが言われた「塩狩峠は第二のエルサレム」そのことを実感した100年目の静かな夜でした。



「あなたの死は、一粒の麦のようにたくましく、
いのちより重い愛の尊さを私たちの胸に刻んでくれました。」三浦綾子
posted by 北のハイジ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

なにわ恋しい症候群〜改善!

ここ数週間の、なにわ を恋し慕う気持ちは、今日になってだいぶ改善されました。

ブログの効能なんでしょうか?

昨日は、年頭の抱負を忘れて、ながったらしい文章になってしまい、ややうしろめたい気分でした。
でもブログで打ち明けたせいでしょうか〜なんだかすっきりしたのです。

それでも、一番いい時に、元気な両親の顔を見に行きたいと思います♪
posted by 北のハイジ at 21:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

なにわあれこれ

このところ、なんだか なにわ が懐かしくて仕方ない。

やっぱり、生まれ育ったところは懐かしいのだなぁ〜



実は、北海道に来るまでは、そんなに大阪が好きとか懐かしい、という感覚はなかった。

今から25年前、初めて大阪を離れてから、関東の茨城県、愛知県、再び茨城県と移り住み、その次が大阪だった。

13年ぶりの大阪だったし、夫は旭川出身だったので、私もすっかり大阪人の気質を忘れ、かなり北海道ナイズしていた。

なので、久しぶりの大阪の生活には、3年足らずでは、なかなか元に戻らなかった。



ある時、こんなことがあった、知り合い宅に行った時、
その家の小学生にお年玉を上げようとしたら、
「おばちゃん〜あきません〜!そんなんもらえません〜!」
と言いながら、自分の部屋に逃げ込んで行く・・・それを私は追いかけて、無理やり?渡す、という具合だ。

みんな大なり小なり、こんなやりとりをする。
いろんな場面で、この儀式を体験するのだ。
大阪で育ったはずなのに、大阪生活にブランクのあった私は、それにとっても違和感を覚えていた。

研究したわけではないが、おそらくその昔、大阪が商人の町として栄えていく過程で培われてきた儀式なんだろうなぁと思い、自分を納得させていた。



ところが、そんなあまり好ましいとは思えない習慣もひっくるめて、最近 なにわ が懐かしいのだ。

もしかしたら、懐かしいと思う周期があるのかもしれない。


北海道に来て4年くらいたった頃だったかなぁ〜

テレビのNHK、夜9時台のニュースが終わる時、ライトアップされた、大阪城が画面に映し出された。

その時、突如として、「おかあちゃ〜ん〜!」と叫んでしまったのである。
この時が、初めて大阪を懐かしいと思った時だった。

確かその思いは、一時的なもので、そう長くは続かなかったと思う。




それから5年くらい経っただろうか?
最近、なんだか なにわ がとにかく恋しいのだ。

帯状疱疹でここ1ヶ月近く、つらい思いをしていた大阪の母親が、もしかしたら私に会いたいと思ってくれているのかもしれない。

若い孫の世話に奮闘してくれている母を、ねぎらいに行かなければならないなぁ〜

備えられた良い時に、帰省できるように祈ろう。



なにわ ええとこやで〜














posted by 北のハイジ at 00:46| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

感謝、感謝、ありがとう!

今日は、大きなイベントのチラシ作りのために、食事時間以外はずーっと事務所に詰めている一日でした。

10時半から正午までは、別の教会の牧師さんお二人も交えて、チラシの最終検討をしました。
貴重なアドバイスを頂いて、昼食後に、また夫とともにパソコンに向かい再構築。

いつもなら、結構お互い口調も荒々しく、あーでもない、こうでもないとやり合うのですが、今日は、なんかおだやかに意見交換が進みました。

そして、午後5時過ぎに完成!
明日、印刷会社に発送して、2週間後にはとりあえずの5000枚が到着する予定です。楽しみです♪

夫と一緒に、お仕事できる楽しさを味わわせてもらったなぁ〜という感じで、とても満ち足りた1日でした。

「感謝、感謝、ありがとう!」
posted by 北のハイジ at 22:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

あった、あった、ありがたい!

先週、久々に取り組んだ模様替えは現在も進行中です。
と言うか残務処理を終えていないのです〜


わが家流の模様替えは、思いついたら即始めるので、ちょっとだけ大変です。

始める前に、たとえ書類がテーブルの上にのっかていても、それを定位置に戻さずに、家具の移動を始めてしまいます。

実は、最初はそのやり方に抵抗があったのですが、だんだん慣らされてきました。この20年で夫流が我が家流になったというわけです。
どこの家庭にも形は変えて、よくあることでしょうね。
家族がそろっていて、そのメンバー全員が、今やろうという気になっているチャンスを、逃してしまってはいけないという配慮とも言えるでしょう。



でも難点は、終了後、確実に探し物をするはめに陥ることです。
今回の被害者?は私でした。
昨日の朝の出来です。礼拝に来ていく春っぽいTシャツが見当たりません。
白地に小さな赤の花、濃い緑の葉をあしらったこのTシャツがなければ
せっかくの空色のスーツがひきたちません。

そこで始めたのが、探し物の時の合言葉「あった、あった、ありがたい!」と言いながらの探索です。

するとほんと不思議ですが、出てくるんですよね♪
ありそうなところに心と足が向くのです。

この合言葉を口にしながら私は、「神さま、あなたはすべてのことを知っておられます。私の探し物がどこにあるかもご存知です。どうぞ、そこに導いてください。」という祈りをこめています。



実はこの合言葉は、クリスチャンで、パフォーマンス学・心理学博士の佐藤綾子氏が著書で紹介されていたものです。
「探し物は必ず見つかります。感謝です。神さま、だから先にお礼を言っておきます。ありがとうございます。」・・・
これが短縮して「あった。あった。ありがたい!」
になるのです。

状況は変わっていないけれど、先に感謝してしまうというわけです。
ぜひ試してみてください♪



行き詰っている問題にもきっと効果ありです!

☆お気に入りのTシャツは、「先取りの感謝」で、3分足らずで見つかりました。感謝!

posted by 北のハイジ at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

模様替え

私たち夫婦の趣味の一つは、模様替えです。
以前はしょっちゅう模様替えをしていました。
でもこのところ、一年に一回程度と激減していました。

その久々の模様替えを今日、突然のようにして、始めてしまいました。
ミニ引越のようです。

大きなところでは、娘の部屋と私たち夫婦の部屋を交換しました。
それぞれに、なかなかよい感じです。
ベッドや机、たんすを移動するのには、父親よりもはるかに大きくなった次男が、力を発揮してくれました。
そのためテンポよく作業が進み、予想よりずっと早い時間に大体の作業が一段落しました。

模様替えをして感じたことは、物が多いということ。
時々、旅行のような感じで、身軽に生活できないのかなぁ〜
と思っていはいるんですが、なかなかです。
でも物の山を目の前にすると、なんとかしなきゃという思いになりますね。

もう一つは、表面的な大掃除とは違って、たんすなど動かすので、徹底した掃除の機会になるということです。

趣味の問題だけでなく、度々模様替えをすると、シンプルで美しい生活が約束されるかもしれません♪
posted by 北のハイジ at 22:56| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

誕生日プレゼント

ハイジのお花



昨日の日曜日は、娘の17回目の誕生日でした。
今年は、お花をプレゼントしようと計画していました。

娘には気づかれないように前日にお花を買うことができました。
でも、それをどこで花かごにするかという課題が残っています。

土曜日の夜、娘の目をごまかすのは困難と判断し、翌日アレンジすることに。
お花には、しばらく「道」と名づけられた教会の一室で待機してもらうことに。

翌日の日曜日の夕方、娘はお友達の家に出かけたので、今がチャンスと猛スピードで作りました。
お花をめでて、ゆったりとしてではなく、スリリング極まりないお花タイムとなりました。

マナ☆生まれてきてくれてありがとう!

posted by 北のハイジ at 23:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

通勤時間1分!

以前から夫が事務所で一緒に仕事をしようと、何度も何度も誘ってくれていました。

祈りの時間には、私が自宅から事務所に出向いて(徒歩1分?)夫とともに祈ります。でもそれ以外はほとんど出入りしません。

事務所という札が部屋の外にかかっているのですが、実質、牧師である夫が常駐しているので、牧師室です。
また、以前ブログにも書いたように、ソファが2つおいてあるので、来客室でもあります。

来客室でもあるのに、なぜか非常に汚い雑然とした部屋です。

ところが、ここ数日で少しつづ、その雑然とした空間が改善されつつあります。
まずは、水槽を掃除したこと。(夫担当)
夫が私の机にと、別室から運び込んでくれていた机の上を整理したこと(妻担当)・・・私が使わないので、夫の書類の山と化している状態がここ一年くらい続いていました。

先ほど、美しくなった机の上で、ようやく出来上がった「教会総会」の資料に目を通していると後ろから、「うれしいなぁ・・・」と夫の声。
あきらめずに声をかけ続けてくれる夫、そしてうれしいと言ってくれる夫、偉いと思います。

それでも、いつまで事務所通勤が続くでしょうか〜
いつもは、道具一式(それって何?)を持ち歩いて、あちらでこちらでと仕事をします。
ほとんどは、リビングに小さなちゃぶ台を出してというスタイルです。
事務所に詰める時間を決めたらいいのかもしれませんね。

夫との会話ももっと増えるかもしれません♪


部屋が少しきれいになってくると、更によくしたいと意欲がわいてきます。
持続できればうれしいのですが、これも3日坊主になるかな〜?

いつか写真で紹介!を目標にしようかな♪




posted by 北のハイジ at 16:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

ハイジーズ

なんで私の名前は「北のハイジ」なんでしょう〜

もちろん北海道に住んでるから「北」です。
そしてかつて「ハイジーズ」を結成していたからハイジです。

高校1年生のとき、カルピス劇場で「アルプスの少女ハイジ」の放映が始まりました。

初めてこのアニメを見たとき、あまりに日本的な顔のハイジにがっかりして、なぁ〜んだと思って、見るのをやめました。
でも3〜4週過ぎた頃でしょうか、もう一度見る機会がありました。
その時は、アルプスの自然の美しさが実にうまく描かれていて、釘付けになってしましました。

そうです。「山が燃えていたんです。」

それからは欠かさず見ました。そして、なんでさいしょっから見なかったんだろう〜とものすごく後悔しました。

ハイジーズのメンバーにはそれぞれ名前も付けていました。
ロッテンマイヤー、セバスチャン、ヨーゼフ、おんじの4名です。

誰もがハイジと名乗りたいのはやまやまなので、ハイジ以外の名前ということにしました。
何をしていたかは、この次にします。

あっ!
高畑勲さん、宮崎駿さんらが手がけてたこのアニメもすばらしいのですが、なんと言ってもやっぱりいいのは原作です。

お話の隠された(隠れてないけど)テーマは「おんじの信仰復興」です。

明日も燃え上がる山がみたいなぁ〜

posted by 北のハイジ at 22:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

三日坊主

自分のことを、三日坊主だと改めて認識しました。


1月20日にブログを再開して、ほぼ毎日更新!
調子に乗って友だちに「ねぇ〜。ブログ続いているっしょ!」
なんて話したとたんに、ぱったり途絶えてしまいました。

まさに三日坊主です。
デジタル嫌いな私が、10日間、毎日のようにブログを更新するんですから「私、なんかいけるんじゃない〜」なんて思っていましたが、大きな間違いでした。


日々ブログを更新されている方々を、改めて、尊敬します。
ブログ先輩である友人は、ブログを書くようになってから、生活が変わったとのこと〜1日を振り返って、感謝する喜びをあじわってられるようです。

今日の感謝は、「ブログを更新できたこと!」です。






posted by 北のハイジ at 13:50| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

燃えあがる山々

昨日の夕方、車で走っていると前方の大雪連峰の山々が、周りの空の色とともに、美しいピンクに染まっていた。

「おじいさん〜山が燃えているゎ!」と叫んだハイジと同じ体験ができるとは思っていなかった。

なんという幸せ!

何という美しさ!

この世のものとは思えない美しさにただただ感動。

娘に話すと、教室の窓から見たとのこと。友人が、教えてくれたらしい。同じ山を見て、それぞれの所で感動していたと思うと、それもまた感動!

娘の学校は、すばらしく環境のいい所に建っている。
学校から大雪連峰まで、視界をさえぎるものが何もないらしい。
だから教室の窓からの眺めは抜群!
抜群なのは眺めだけじゃない。とにかくすばらしく環境のいい所に建っているだ。

体育の授業など、冬はすぐ裏の山でクロスカントリーだって。
カッコいい〜!
でも今日の雪は重くて、スキーが突っかかり、とても苦労したようだ。
でもやっぱりなんか、カッコいい!

浮かび上がるスキー場に加えて、美しいピンク色に染まる山々・・・
旭川は何と美しい所なのだろう。
いよいよ、旭川を愛せずにはおられない★

明日は、どんな美しいものに出会えるのだろう〜
posted by 北のハイジ at 23:46| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

やり直し!

今年のブログに関する抱負は短い文章をめざす!でした。それともう一つかっこいい文章を書こうと気張らない!でした。

どうやら、1週間に一度はこの抱負を読み返さなくてはダメのようです。

再更新して8日目で、長いわ、長い!そしてかっこつけてる文章です。
「反省!」

リベンジします!
posted by 北のハイジ at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮かび上がるスキー場

今日は、次男のスキー学習日だった。

今では、すっかりあたりまえに感じているが、北海道では、スキーが授業に組みこまれているんだなぁ〜、と今さらながらに思う。


ちょうど10年前、大阪からここ旭川に引っ越してきて、まず取り組んだのが、1週間に1回は必ず、家族5人でスキーに行くことだった。
それもやはり、学校でスキー学習があるから、という夫の配慮だ。

幸い家から車で5分の所にスキー場がある。

身支度を整え、スキー道具一式を車に積み込み、人も乗り込む。
到着したら硬〜いスキー靴に履き替え、滑べる。
終わったらスキー場で靴を脱いで、車にスキー等を積み込んで家に帰る。家に着いたらスキーを車からおろして、2階に運ぶ。
スキーウェアを脱いで、ホッとする。

この一連の作業(?)を1時間以内で治めるというのが、当時の我が家流。
長く時間を取ると疲れるし、おっくうになるので、この方法は、1週間に1度、家庭スキー学習を続けるのに、なかなかいい考えだった。
リードしてくれた旭川出身の夫はさすがだ!

その伊の沢スキー場から更に10分足を伸ばすと、サンタプレゼントパークというさらに大きなスキー場がある。

ある程度滑れるようになった2年目からは、そちらに行くようになり、時間も1時間ではすまなくなった。が同時にスキーの楽しさを家族の皆が感じるようにもなっていった。


この2つのスキー場、夜になるとナイターのためにライトアップされる。
雪国の夜はそれでなくても幻想的で美しい。
夜なのに暗くない。雪明りがあるのだ。

そこにスキー場をライトアップしているライトの光が雪原の中に浮かび上がり、なんともいえず美しい。
私の大好きな北国の光景の一つだ。

万が一、将来何らかの理由でここを去るような時が来るとするなら、この光景を見ることができなくなる。
それは絶えがたいことだ。

離れるようなことがあれば、懐かしさに涙を流すことだろう。
切なく甘酸っぱい涙だ。

別に転任の話があるわけでもないのだが、これまで愛知、茨城、大阪、旭川と移り住んできた転勤族にとっては、ついつい、また動くの?と考えてしまうのだ。どうやら体がそのように学習してきたらしい。

話があらぬほうに進展してしまったが、今日は、「夜にライトアップされて雪の中に浮かび上がって見えるスキー場を見るのが私は大好き!」という話である。

旭川に赴任してきたのは12月28日・・・冬真っ只中。
午後4時半・・・ナイターが始まる頃。
空港まで迎えに来てくださった方の車が、小高い神楽岡公園の横にさしかかった時、前方に2つのスキー場が美しく浮かび上がっていた姿は、真っ赤な十字架のライトとともに、今もはっきり心に焼きついている。
posted by 北のハイジ at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

11日かかった読書

著者ウイリアム・ポール・ヤングの「神の小屋」・・・The SHACKという本を今日読み終わりました。
ニューヨークタイムス ベストセラー20週連続第一位、全米300万部突破というものです。

なかなか本を読むチャンスはないのですが、10日ほど前から体調を崩していたのが幸いして、読書週間となりました。

一番心に残っていることばは、
「ウィリー、神さまは特別にキミの事が大好きだって!」
というくだりです。

どの本でもそうでしょうが、読む人によって、心に響く箇所はいろいろなんだろうなぁと思います。

この本については、またおいおいお話できればいいなぁと思っています。が、私自身がまだ消化不良というところです。

子ども達は、英語から日本語に訳した本がとても読みやすいそうですが、私は、決して嫌いではありませんが、どうも言い回しを理解するのにちょっと時間がかかりすぎのようです。

私は、349ページを読むのに11日かかりましたが、中学生と高校生の子どもたちは、冬休みだったので二人とも2、3日いで読み終えていました。頭が柔らかいんでしょうかね〜。
とにかく私にとっては、やや読みにくい本でした。
分析するなら、もしかしたら私の中の何かがひっくり返されるような恐れでもあるのかもしれません。

ストーリーはミステリー風からファタジックに進んでいきます。

今晩は余韻に浸りながら、休むことにします。
どうぞ、よい夢を★
posted by 北のハイジ at 22:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

手作りピザ

DSC04756.JPG

ぎっくり腰とめまいのために寝込んでいた私のために、昨日、お料理上手の先輩から手作りピザが届きました。

一口頬ばると、あぁ〜お母さんの味だな〜と心まで温かくなるのを感じました。

何とケースは某店でわざわざ購入されたもの!
ご自身もお母さまの介護の中にいらしゃるのですから、もう申し訳ないような〜でも素直に喜んで、家族でご馳走になりました。
この大きさです。あと4分の1残っているので、明日の朝食にいただきます。

写真でおいしさをどうぞ想像してください!
感謝でいっぱいです。
posted by 北のハイジ at 21:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

ブログのイギ?

ブログは更新することに意義があるんでしょうか〜
特に書くことも決めずにPCに向かっています。
この辺の感じ、なんか息子に似てますよね。
「何をダラダラ書いてんの〜」と思っていましたが、実は私から受け継いだものだったんですね。

一つの習慣が身につくという利点はあるでしょうか?
ただ、縛られてしまわないようにコントロールも必要かな〜とも思っています。

ということで、今日のブログは「更新に意義あり」ということにしておきます。

ご心配いただいた体調は、昨日から、ほぼ完全復帰です!
この辺の言い回しは夫そのもの〜(汗)
でも夫を愛して尊敬しているから似るんですよね。感謝なことです!

ご心配くださった方、お祈りくださった方、感謝します。
ありがとうございました。
posted by 北のハイジ at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

お花にさわれました!

とも子のフラワーアレンジメントto hiyauchi.JPG

昨日のブログで、お花にさわっていないと書いたら、何とその8時間後にお花をさわるチャンスが訪れました。
「書いてみるもの」、「言ってみるもの」ですね。

本当に久しぶりで、至福の時でした。
洋花のアレンジメントですが、もちろん写真からもわかるように自己流です。
でもお花にさわりながら、30年近く前に生け花を習っていた時を思い出し、懐かしかったです。懐かしいと言うか、習っていてよかったなぁ〜と思います。お花をあつかう基本を教わるチャンスがあったのは本当に感謝です。ちなみに流派は嵯峨御流でした。

これまでも何十個とアレンジメントを作ってきましたが、記録に残したことはありませんでした。このような形で記録に残すことができるのですから〜ブログはいいですね。
それゆえに今後のアレンジメントにも力が入るかもしれません。

posted by 北のハイジ at 14:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いたっ!の続き

今朝の(22日)の痛みは、肋間神経痛っていうあの痛みが20分も続き、身動きできませんでした。

1週間前からめまいもしているし、思い切って午後に病院へ。
すると血圧も脈も胸の音も皆、正常でした。
先生曰く「精神的にきついことは?」

「あります〜!帰省していた最愛の長男が、大阪に再び旅立って行ったのです〜」
とは恥ずかしくて言えませんでした。
実際それでつらいと思ってる訳ではないので。

でも、もしかしたらそうかもしれないし・・・人間の心って、自分でもわかりませんね。
何かストレスを感じているということなんでしょうか?

時には好きなことをしてみましょうか。
そう言えば、お花にも触っていないなぁ〜
posted by 北のハイジ at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

いたっ!

今朝方、胸の痛みで目が覚めました。
posted by 北のハイジ at 11:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

抱負

1年ぶりの更新です。

遅まきながら抱負でもと思いますが、ブログに関しては、

@かっこいい文章を書こうと気張らない!
A短い文章をめざす!
の2点です。
ここで終わると、今年初のブログ更新で、2009年の抱負まずまずのスタートということになるでしょうか。

ではこの辺で☆
posted by 北のハイジ at 23:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。