2010年01月07日

ベンジャミン

ずーっと気になっていた、ベンジャミンの葉の拭き掃除をしました。
愛しているよ、という気持ちを込めながらも、目と耳はDVDに向けながらの作業でした。

結婚15年の記念に買ったものですが、今では当時の倍と言ってもいい位の高さになり、葉っぱを一枚一枚吹く作業も以前より時間がかかりました。
でも、拭き終ったベンジャミンは、心なしか喜んでいるように感じられました☆
感謝!
posted by 北のハイジ at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

寸暇を惜しんでの読書☆

お気づきの方は、あるでしょうか。
なんと2010年になって、ブログの更新が毎日なんです〜☆

前置きは、そのくらいにして、この冬から、大好きな「大草原の小さな家」シリーズを読んでいます。

「大きな森の小さな家」「大草原の小さな家」と読み進み、
現在「プラム・クリークの土手で」を読んでいます。

テレビシリーズは、すべて見て、ビデオにも録画して、とローラ・インガルスの大ファンだったにもかかわらず、本はまだ読んでいなかったんですよね。

今日は、遂に涙を流してしまいました。

ローラの父親チャールズが丹精込めて、育てた麦畑が、イナゴの大群によって、全滅する様子。
地面にびっしり植えつけられたイナゴの卵の存在、それによって来年も小麦の収穫が見込めないこと。
遂にお父さんは、東部の出稼ぎに出かけることになり、その帰りを待ち焦がれる家族。
手紙は来ないので安否すらわからず、悪い想像をしないようにと必死に耐える母親キャロラインと子供達。
ようやく父親からの手紙を受け取り、無事であったことを知り、気丈にふるまっていた母親キャロラインが、安堵感とうれしさで、エプロンに顔をうずめて泣く姿。
そんな中、ローラ個人にも、小さな試練が襲い掛かり、それを乗り越えていくけなげな姿。

一つ一つが、感動でした。
インガルス家族が、神さまを愛し、お互い家族を、かけがえのない者として愛し、助け合い、忍耐し合う姿に、本当に大切なものは何だろうかと考えさせられました。

そして、感謝の心をいつも、どんなことにも持っていたいな〜と思わされました。

また、いつか続きをゆっくりと書きたいです!




posted by 北のハイジ at 23:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

ようやくお正月?

今日は、月曜日!
クリスマスからはじまった年末年始の忙しい日々が、今日、ようやく一息つきました。


それで、主婦のような一日を過ごすことができました。

まず、義母からもらった小豆でぜんざい作り。

次に、部屋の掃除(年末の大掃除ができないのが、特殊な家庭の我が家です・・・こどもの頃は、楽しかったのですが・・・)

そして、年賀状書き。ついついコメントを書き過ぎるので、時間がかかり、今日は25枚しかかけませんでした。
でも、やっぱり手紙を書くのは、好きだなぁ〜

夕食には、久しぶりにビーフシチューを作りました。
牛筋肉を長時間煮込んで作ります。
味はまあまあでした☆

また、明日から普通に日常です。感謝です。

posted by 北のハイジ at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

たこ焼き♪

今日もまた、食べ物のお話です(笑)♪

礼拝後、子ども達(大人も紛れ込み)で、たこ焼きパーティーをしました。総勢22人で賑やかに美味しい時でした。

最後の方は、チョコレートやみかんをタコの代わりに入れて、大盛り上がりでした。

終了してから6時間以上たつのに、教会はたこ焼きの匂いでぷんぷんです!でもその香りを楽しみ、余韻にも浸っています。
食べた人なら、余韻に浸れるでしょうが、今日たこ焼きをしたとは知らずに、教会に足を踏み入れた方々にとっては、やや不快かもしれませんね☆
夜の礼拝にいらっしゃった方々、大丈夫だったでしょうか〜
失礼しました。

でも久しぶりの顔が集って、皆それぞれに楽しそうな様子を見ているだけで、こちらも幸せな気持ちになりました。
感謝!感謝!

明日は、我が家でも、たこパしたいなぁ〜☆

posted by 北のハイジ at 21:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

すき焼き♪

今日のお昼ご飯は、娘のリクエストで、すき焼きでした。
我が家では、二年に1度か、一年に1度の割合で登場するのが、すき焼きです☆
具材は、安い牛肉(笑)、白菜、大根をスライサーで薄くしたもの、白滝、マロニー、豆腐、椎茸、今日は省略しましたが牛蒡のささがきです。

昔、聖書学院で寮生活をしていた時も、やはり、すき焼きは、1年に1度、12月30日か31日あたりに、戴きました。

そのとき、関西風の食べ方と割り下を使う関東風の食べ方があることを知りました。
もうちょっとでけんかになりそうな怪しげな雰囲気になりかけたような、そうでなかったような〜遠い昔なので記憶はさだかではありませんが、食文化の違いに驚いたものです。
最後にうどんを入れるのは、全国共通かもしれませんね。

若くはないので、いつもあまりお肉は食べないのですが、このところ貧血の症状で、調子が悪かったので、がんばってお肉も食べました。
家族で、お鍋を囲めることを、感謝したお昼のひと時でした☆

posted by 北のハイジ at 20:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

新年です!

新年明けまして、おめでとうございます。

たった今、2階の礼拝堂から降りてきたところです。
10時半から教会の年末感謝祈祷会があり、予定通り12時15分に終了しました。
その後、暖房で温まっている礼拝堂にもう一度戻り、ひとり静かに祈りの時をもちました。

教会の感謝祈祷会の時も、自分ひとりの祈りの時も、忘れていたことなどを思い返すときでもありました。

感謝が溢れてくるとともに、自分の弱点、課題なども見えてきて、幸いな時でした。
成熟した大人になるには、まだまだほど遠いですが、一足ひと足、進んで行きたいと思います!

本年もよろしくお願いいたします!

posted by 北のハイジ at 01:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

クリスマスの飾りつけ 第三弾

ようやっと、クリスマスツリーを昨日、飾りつけました。

息子が、数日前に本体だけ押入れから出して、リビングに置いといてくれたんですが、しばらくは裸の木のままでした。

昨晩、赤や銀のボールを取り付けると、やっぱりいいですね〜。
実にシンプルな飾りですが、とても素敵です。

教会のクリスマス行事は、24日のキャンドルサービスを残すばかりとなりました。
係の方々を中心に、着々と準備が進められています。
今年も、手作りのキャンドルホルダーが用意されています。
色画用紙にサラダ油を塗り、余分な油をふき取って、紙を補強します。
そして、折って、折って、折っていくと立体になるのです。
それこそ、手品のようで、実に楽しいものです。

色とりどりの紙からもれるろうそくの灯火の美しさは、本当に美しく、
キャンドル礼拝が終わってからも、静かにその場で過ごされる方々もおられます。

きっとキャンドルの灯火が、世界ではじめのクリスマスのようすを彷彿とさせるのでしょうね〜☆






posted by 北のハイジ at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

クリスマスの飾りつけ〜未完成です

クリスマスツリー、まだ飾っていません。
このままだと、飾らないで終わりそう〜?

娘の第一希望だった大学は、残念な結果に終わりました。
合否発表の数日前、娘は、「やるだけのことはやったからこれでダメだったら、○○大学ではない、というのが神さまのみこころ(計画)だと思う。」と話してくれました。

それを聞いた時、本当にそうだなぁ〜と思いました。
教えもしないのに神さまが、そのように娘の心を導いていて下さることにも、深い感動を覚えました。

ダメなら、それも神さまのみこころ! とわかっていても、ネットの画面に受験番号を見つけることができなかったのは、やはりつらいものがありました。

多くの方々に祝福されるのも幸いです。
でも、そっとしておいて、陰で祈っていてくださる方々がいてくださること、
「食べさせてやって」と冷凍のいくら持たせてくれた義母、
わざわざクッキーを焼いて郵送して下さった方など
覚えられているという静かな喜びを感じた時でもありました。

次の目標に向かって臨戦態勢に入っている娘を、さらに祈って支えていきたいと思います。

本題は、クリスマスの飾りつけでした!
我が家の飾りつけはまだですが、先日、K先生の教会にお邪魔したところ、玄関いっぱいにクリスマスグッズが所狭しと飾られていました。
その飾りつけから感じ取ったのは、何とも言えない懐かしさと温かさでした。
単なる飾り付けと言っても、こんなに心がポカポカと暖かくなるのは、きっとそれを飾る人の人柄がそこに現れるからだろうなぁ〜と帰り道、車を運転しながら思い至りました。

我が家の飾りつけは、どうかなぁ〜☆
格好ばかりつけていないかなぁ〜
イエスさまのお生まれを祝う気持ち、ありがとうの気持ち、人々をいつでも喜んで迎える気持ちに溢れているとうれいしいなぁ〜♪







posted by 北のハイジ at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

おくれ気味のクリスマス飾りつけ

前回のブログの後、直ちにクリスマスの飾りつけが再開するはずだったが、瞬く間に11月最後の日となってしまった。

昨日の日曜日、年に3回ほどある、礼拝のメッセージの奉仕を終えたのでほっとして、夜にようやくクリスマスキルトを壁に飾った。

でも進んだのはそこまで。
ツリーを飾るのは、いつになることやら〜
たぶん、長女の大学受験が終わってからかなぁ〜

昨日の夜の礼拝は、入試1週間前なんだから、娘もさすがに休むだろうなぁ〜と思っていたら、私と一緒に行こうとするので、つい、口からえらいねと言うことばが出た。言った後気づいて「あっ。神さま第一なんだね」と言い直す私。
娘も全く同じく「神さま第一だから」と言おうとしていたらしい。

どんな時にも、神さまを信頼して歩めるのは、何という幸いだろう〜

そばにいる母としてできることは、一緒に祈ることと、飲み物(自家製の飲むヨーグルト)を用意することぐらい。

娘にとっては、なかなかハードな日々が続いているが、もうひと踏ん張り!

たましいと心、からだが主によって、守られ支えられますように☆








posted by 北のハイジ at 23:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

廊下にサンタクロース?

我が家では、もう随分以前から、クリスマスキャロルを流していましたが、昨日からようやくリビングと廊下にクリスマスの飾り付けを始めました。

今年は、久しぶりに廊下に直径25センチほどの絵皿を四つ並べて飾りました。
絵皿と言っても、陽気なサンタクロースの顔が大きく描かれた紙皿です。
赤が基調の色なので、廊下がパーッと明るく、また楽しくなります♪

そのうち、写真をアップできればと思いますが・・・、なかなか写真を撮る習慣が身につかないのが悩みの種です。

完成までもう少しかかります。
時間のできた時に、ボチボチと進めています。
もちろん、クリスマスミュージックを聴きながらです♪
posted by 北のハイジ at 21:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。